足もみ屋、帰国後の話。

投稿者: Rie 投稿日:

足もみの勉強で台湾に行ったけれど、テストに受かっただけでは使い物にならないのは当然の事。

なので、台湾で知り合った日本分校絡みの方が作ったお店に就職させていただく事になりました。

最初は何もわからず、覚える事もたくさん!

通勤の間は体や足の勉強を、家で家事をしながらハンドグリップを握って。

食事を作り終えると、そのまま床に倒れて寝てしまう毎日。

お店の先輩施術者に「4000本切りくらいしないと何もわからないよ」と言われました。

4000本切りとは、4000本の足と言う事ですね。

それからは毎日の仕事の後に手帳に正の字を書き込み続けました。

 

もう少しクイックの要素や、働く女性に対応できる技が欲しくなったので、店舗を移り、4000本はとうに越した頃に、出産を理由にお店をやめて、いざ独立となりました。

 

たらたらと昔話を書いてみました。

他でも長くブログを書いているので気になったらご覧ください。

足もみ屋のひとり事

カテゴリー: 自己紹介

Rie

・國際若石健康研究會 専業訓練班修了 ・日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマテラピーアドバイザー ・薬膳食育師

2件のコメント

山野幸子 · 2018年3月20日 10:25

ミモ先生のFBで拝見しました。
3/20(火)本日の予約は出来ませんか?
中延に住んでいて、今日は仕事が休日の為…
突然、すみません。

    Rie · 2018年3月20日 11:17

    お時間によってはお受けできます。
    16時以降でしたら施術可能ですが、ご希望は何時頃ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です